2019年05月27日

2023年

都内の建築関係の経営者の方に

今後の見通しをお聞きすると

皆さんそろって

「ピークは2023年」

「その先は不透明」と

お答えになります。


「増税後の不況を警戒して

不動産開発が鈍化」とか

「万博準備で資材人材が

大阪にシフト」などが

不安要素のようです。


今の人手不足も

その頃には

笑い話になっているかも

しれませんね。

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
適応型経営
適応型経営(2019-06-17 05:52)

売上伝票
売上伝票(2019-06-14 05:14)

整理整頓
整理整頓(2019-06-13 04:53)

納期の特例
納期の特例(2019-06-07 05:12)

Posted by 平井会計事務所 at 06:00 │つれづれ