2019年07月18日

データリテラシー

「全体の売上は減っている」のに

「A商品の割合が増えている」場合、

次のどのケースが考えられるでしょうか。


1.A商品の売上は増えている

2.A商品の売上は変わらない

3.A商品の売上は減っている



正解は「どれもあり得る」です。

2.→他商品の売上が減ったので相対的にA商品の割合が増えた

3.→他商品の売上がもっと減ったので相対的にA商品の割合が増えた


データの意味をきちんと理解しないと

経営判断を誤る場合もあるので注意しましょう。

同じカテゴリー(数値力)の記事
シミュレーション
シミュレーション(2019-08-07 05:49)

内訳
内訳(2019-04-05 07:15)

分けて比べて選ぶ
分けて比べて選ぶ(2019-01-08 06:02)

ヒト・モノ・カネ
ヒト・モノ・カネ(2018-12-07 05:44)

期待値
期待値(2018-10-05 06:48)

売上と預金
売上と預金(2018-08-01 05:33)

Posted by 平井会計事務所 at 05:47 │数値力