2019年08月14日

ありのまま

価値観が多様化したと

いわれる今の時代。

高品質や低価格な商品サービスが

必ずしも万人受けするとは限りません。

かといって顧客のニーズに

すべて応えるのも限界があります。

無理せず売上を伸ばしたければ

まずは顧客との相性や自社の評価ポイントを

改めて洗い出してみましょう。



例えば、飲食店であれば常連客に

どこから来たのか、

どんな仕事をしているのか、

どの料理が好きなのか、

どんな目的で使っているのか、

そもそもなぜ来るのか、

といったことを聞いてみるのも一つです。

意外な発見があるかもしれません。


ありのままの自社を評価してくれる

相性の良い顧客を見極めることができれば

一歩前進ですね。

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
人だかり
人だかり(2019-08-20 06:09)

家族信託
家族信託(2019-08-16 07:01)

作業
作業(2019-08-15 06:03)

無料相談会
無料相談会(2019-08-09 05:11)

追加販売
追加販売(2019-08-08 04:41)

10年
10年(2019-08-06 05:07)

Posted by 平井会計事務所 at 06:35 │つれづれ