2009年07月30日

教え上手

脳トレゲームの「順番記憶(全体表示)」↓というものをみつけました。

http://teto5527.tsukaeru.jp/nouryoku/NOU050102.htm

簡単なルールは以下のとおりです。

---------------------------------------------------
①マス目に数秒間表示される数字を記憶して

②数字が消えた後に

③数字が表示されていたマス目を

④数字の小さい順番に選んでいく

*問題数(記憶する数字の量)は2~16の範囲で設定できる
----------------------------------------------------

問題数5~10問に設定して自分でやってみたところ

平均正答数は以下のとおりとなりました。

問題数 5問…5.0問
問題数 6問…5.8問
問題数 7問…6.8問
問題数 8問…6.5問
問題数 9問…6.4問
問題数10問…5.5問


面白いと思ったのは「問題数8問」を超えてから平均正答数が下がる点です。

課題が増えると混乱するためか、かえって成果が下がるようです。

(私個人の傾向かもしれませんが…)



部下や後輩を教育するさい、欲張って一度にたくさんの情報を与えると

かえって成果が出ないことがよくありますが、これも記憶のメカニズムと

関係あるのでしょうか。



他人にモノを教えるのが上手な人は

人柄に好感がもてる、ヤル気にさせてくれる、というだけでなく

相手の受容量に合わせて伝達する情報量を調整するのが上手

なのかもしれません。

同じカテゴリー(経営者)の記事
飛行機チケット代
飛行機チケット代(2019-09-13 05:16)

数字は意識を変える
数字は意識を変える(2019-09-05 05:23)

ピタスパ
ピタスパ(2019-08-01 05:22)

資金援助
資金援助(2019-07-24 05:57)

判断力と行動力
判断力と行動力(2019-05-22 05:08)

寝る子は育つ
寝る子は育つ(2019-05-14 05:18)

Posted by 平井会計事務所 at 09:20 │経営者