2009年10月01日

事業転換

呉服三代目社長の講演を聞きました。

そもそもは80年くらい前に祖父の方が

呉服問屋として創業した会社だそうですが

昭和50年をピークに市場が縮小するなか

生き残りをかけて小売店舗に事業転換。

方針が見事にヒットして

現在も好調な業績を維持しているそうです。


「供給過多」の時代は

物資供給がウリの問屋業は存在意義が薄く

「需要の多様化」の時代は

ニーズを先取りできる小売業のメリットが大きい

と考えて事業転換した、とのことでした。

現在、業績好調なメーカー(ユニクロやニトリなど)が

小売店舗を経営しているのも同じ理由かもしれません。


ちなみに今後も、商材を呉服に絞りつつ

リサイクル、レンタル、アフターケア、保管、教育・指導、フランチャイズ

といった事業に展開しようと考えているそうです。


コストを抑えられる「使い回し」と

人とのつながりを広げる「対人サービス」が

今後の事業転換のキーワードかもしれませんね。

同じカテゴリー(経営者)の記事
判断力と行動力
判断力と行動力(2019-05-22 05:08)

寝る子は育つ
寝る子は育つ(2019-05-14 05:18)

業績改善
業績改善(2019-05-13 05:45)

起業・商売・経営
起業・商売・経営(2019-02-28 06:19)

経営
経営(2018-12-27 06:39)

盛和塾
盛和塾(2018-12-11 06:48)

Posted by 平井会計事務所 at 09:21 │経営者