2009年10月29日

作業者≠監督者≠経営者

スポーツの世界で

「優秀な選手」が「優秀な指導者」になるとは限らないように

仕事の世界でも

「優秀な作業者」が「優秀な監督者」になるとは限らないようです。


単独で仕事をすると良い結果を出すのに

チームのリーダーになると結果が出ない

というケースはしばしば見受けられます。


おそらく

作業者として求められる能力

(身体、知識、技術など)と

監督者として求められる能力

(指示、統率、教育など)が

そもそも異なるのだと思います。


同じように商売の世界でも

「優秀な監督者」が「優秀な経営者」になるとは限らない

と、感じることがよくあります。


チームリーダーだといい結果が出るのに

独立して経営者になると

利益が出ない、借金が減らない

など、結果が出ないことがよくあるからです。


商売を成功させるには

おそらく

監督者として求められる能力

とは別に

経営者として求められる能力(覚悟?)

が必要なんだと思います。


自分の事業を発展させるために、私も

経営者として成長したいと思います。

同じカテゴリー(融資相談)の記事
融資
融資(2018-07-03 04:06)

命取り
命取り(2017-08-09 19:51)

CRD解禁
CRD解禁(2017-08-03 05:23)

レビュー9月号
レビュー9月号(2013-09-24 00:50)

銀行と3つの指標
銀行と3つの指標(2013-08-21 07:38)

Posted by 平井会計事務所 at 08:00 │融資相談