2009年10月30日

読めると書ける

「薔薇」や「憂鬱」など

“読めるけど書けない” という漢字があります。

“読める”と“書ける”との間にある大きな壁は

“読む回数”と“書く回数”の差で生じると思います。



同じように

“知っているけどできない”こともよくあります。

これも

“インプットの回数”と“アウトプット回数”の差で

生まれるような気がします。


勉強でも仕事でも

知識は豊富なのに結果が伴わないときは

もしかしたら

読む練習ばかりで書く練習をしていない状態に

なっているかも知れません。


知った情報は

自分で反復行動したり

他人に言葉や書面で伝えるといった

アウトプットに力を入れると

必ず違った結果が出ると思います。

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
売上伝票
売上伝票(2019-06-14 05:14)

整理整頓
整理整頓(2019-06-13 04:53)

納期の特例
納期の特例(2019-06-07 05:12)

Posted by 平井会計事務所 at 07:38 │つれづれ