2010年03月17日

お客様のニーズをきく

事務所拡大の際に融資相談にのってもらうために

今から懇意の金融機関をつくっておこう考えました。

地元の信金・信組を調べたところ

SB信金とDT信組の2つが候補にあがりました。


早速、店舗に出向いて

1)1~3年のうちに事務所移転を検討している

2)その際に融資相談に乗ってくれる金融機関を探している

3)融資に有利になるなら、余剰資金を定期預金や定期積金してもよい

といった内容の相談をしたところ対応が極端に分かれました。


どちらも最初は窓口の女性に声をかけたのですが

SB信金は同じ女性が自社の商品説明をするだけで融資はお答えできない

との対応だったのに対して

DT信組はすぐに男性の上司が出てきてこちらの話を聞いたうえで

定期預金や定期積金の実績があれば融資の相談も聞きやすい

といった対応をしてくれました。


どちらも与信等に大差はないようなので

もちろんDT信組と取引をはじめることにします。


普段は相談を受けることが多いので

久しぶりに相談をする側の気持ちになって

色々と勉強になりました。

初対面の人に相談するときは

「自分の要望を理解してくれるか」

という点が気がかりになります。


新規のお客様を逃すまいと

自分の特徴ばかり話しても逆効果なので

これからは相手のお話をじっくりと

聞くことを心がけたいと思います。

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
経済
経済(2019-06-25 05:07)

チケット
チケット(2019-06-21 05:46)

サキヨミ力
サキヨミ力(2019-06-18 05:59)

適応型経営
適応型経営(2019-06-17 05:52)

売上伝票
売上伝票(2019-06-14 05:14)

整理整頓
整理整頓(2019-06-13 04:53)

Posted by 平井会計事務所 at 07:08 │つれづれ