2010年03月25日

これからの税理士について

厳しい景気が続くなか

顧問料の引き下げや顧問契約解除といった

影響を受けている会計事務所も少なくありません。

税理士も新しい付加価値を提供できないと

生き残れない時代になったと考えています。


算盤で税金を計算し、手書きで申告書を作成していた時代は

正確な作業を行えばお客様は評価してくれました。

しかし、パソコンが普及して

誰でも手軽に計算や書類作成ができるようになると

正確な作業だけでは満足してもらえず、

節税対策や資金調達方法といった

情報提供が求められるようになりました。

さらに、インターネットが発達して

誰でも簡単に無料で情報を手に入れられるようになった今、

情報提供だけでは満足してくれないお客様が増えると予想しています。


と、いうわけで

「今後、税理士はどういったサービスを提供すべきなのか?」

というテーマのセミナー講師(DVD)を行うことになりました。

収録は来月なので販売はその後になると思います。

完成したらまたご報告します!

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
経済
経済(2019-06-25 05:07)

チケット
チケット(2019-06-21 05:46)

サキヨミ力
サキヨミ力(2019-06-18 05:59)

適応型経営
適応型経営(2019-06-17 05:52)

売上伝票
売上伝票(2019-06-14 05:14)

整理整頓
整理整頓(2019-06-13 04:53)

Posted by 平井会計事務所 at 07:04 │つれづれ