2010年04月21日

相談

人から相談を受けることがよくあります。

商売や税金だけでなく、仕事や人付き合いなど

色々な相談を受けていますが

相談する方の目的は

次の3つに分けられるような気がしています。


①単に話したい   =とにかく聞いて!

②意見を聞きたい  =どう思う?

③解決策を知りたい =どうすればいい?


例えば「仕事が忙しくて試験勉強ができない」といった場合

不平や不満を話すだけの方は①

このままでいいのか聞く方は②

具体的な勉強方法を聞く方は③

といった分け方ができるように思います。


相談する方の目的にあわせて

①⇒ひたすらお聞きする

②⇒自分の考えをはっきり述べる

③⇒自分の体験を話す、一緒に考える

と対応を分けても良いもしれません。

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
売上伝票
売上伝票(2019-06-14 05:14)

整理整頓
整理整頓(2019-06-13 04:53)

納期の特例
納期の特例(2019-06-07 05:12)

Posted by 平井会計事務所 at 07:51 │つれづれ