2010年05月19日

決算書と向き合う

3月決算の確定申告がピークです。

申告書を税務署に提出するのと同時に

銀行へ借入を申し込む会社も多いと思います。


業績が好調な会社は2つ返事でOKが出ますが

業績が低迷している会社はそうはいきません。

借入の目的や返済の見込みを

銀行からしつこく聞かれます。


そんなときは決算書の数字を見せながら

なぜ業績が悪いのか、

今後どうやって業績を回復させるのか、

といったことを

社長自身の言葉で説明するのが大切です。

数字に強い経営者いう印象を与えると

銀行の印象も良くなります。


そのためには決算書の数字に

興味を持つようにしましょう。

実際、銀行との交渉に強い社長は

こちらが決算書の説明をする際に

数字について色々と質問されます。


最初は慣れないかもしれませんが

地道に取り組めば必ず理解が深まります。

年に1度のこの時期に

ぜひ決算書と真剣に向き合ってください。

同じカテゴリー(融資相談)の記事
融資
融資(2018-07-03 04:06)

命取り
命取り(2017-08-09 19:51)

CRD解禁
CRD解禁(2017-08-03 05:23)

レビュー9月号
レビュー9月号(2013-09-24 00:50)

銀行と3つの指標
銀行と3つの指標(2013-08-21 07:38)

Posted by 平井会計事務所 at 07:07 │融資相談