2010年08月25日

ワンパターン

よくかかってくる営業電話の一つに

「税理士紹介サイトへの広告掲載」

があります。


見込顧客開拓のために、月定額の料金を払って

その会社のサイトに広告を載せるというしくみなのですが

顧客増加の効果はほとんどない、と個人的に思っているので

いつもスグに断っています。


このテの会社の特徴は電話応対がどこも同じ点です。

突然「失礼ですが○○先生の事務所では顧問料○万円くらいの

顧客の依頼を受けることは可能ですか?」と切り出して、

さも具体的な案件を紹介すると思わせて相手の興味を引き

具体的な手続きを長々としゃべってその気にさせて、

最後におカネの話をする、というのが彼らのパターンです。

どこかでマニュアルでも売っているのではないか、と思うくらい

みんな同じような手順で話をします。


もしかしたら「税理士相手の広告サイトは儲かる」といって

ノウハウを高額で売りつけている会社がどこかにあるのかも知れませんね。

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
盛者必衰
盛者必衰(2019-10-11 06:53)

基本四色
基本四色(2019-10-08 06:45)

ゴール
ゴール(2019-10-04 04:21)

アクシデント
アクシデント(2019-10-03 05:25)

私利自益と公利共益
私利自益と公利共益(2019-10-02 06:00)

新規出店
新規出店(2019-10-01 05:50)

Posted by 平井会計事務所 at 07:11 │つれづれ